動画ファイルの種類と特徴

動画ファイル形式を理解するための基本用語

動画ファイル形式について理解するには、動画ファイルの4つの基本用語を知らなければなりません。その基本用語とは、「コンテナ」「拡張子」「エンコード」「コーデック」の4つです。

「コンテナ」とは動画のファイル形式であり、映像と音声のデータを格納したものを指します。動画データを入れた箱をイメージするとわかりやすいでしょう。

「拡張子」は、そのコンテナを見分けるための文字列です。「.mp4」「.wmv」といったものがファイル名の後ろに付けられていて、これでファイルの種類が識別することができます。

そして、「エンコード」は動画を圧縮することを指し、「コーデック」はその圧縮する技術(ソフトウェア)を指しています。動画ファイルは非常に容量が大きいため、圧縮して保存する必要があるのです。

動画制作においては、これらの基本用語を理解して、動画の用途に合わせたコンテナとコーデックを選択する必要があります。なぜなら、各動画ファイルの形式にはそれぞれ特徴があり、再生できる機器や推奨環境が異なるからです。

動画ファイル形式の種類についてですが、代表的なものに「MPEG4(.mp4)」があります。最もよく知られている動画ファイル形式の一つで、高画質でありながら圧縮率も高いのが特徴です。他に広く使われている動画ファイル形式としては、「AVI(.avi)」「MOV(.mov)」「FLV(.flv)」「WMV(.wmv)」などがあります。