動画ファイルの種類と特徴

コーデックの種類と対応する動画形式

動画ファイルは容量が大きいため、圧縮して保存する必要があります。その圧縮するソフトウェアを「コーデック」と言います。ファイル形式によって使えるコーデックが異なり、また再生できる環境も変わってきます。

コーデックは、圧縮したときと再生するときに、同じコーデックを使用しなければ再生できません。つまり、圧縮で使ったコーデックと同じものが、共有する相手や動画を見るユーザーの再生環境になくてはならないのです。そのため、動画作成時には、ファイル形式とコーデックを適切に選択することが大切です。

代表的なコーデックである「H.264」は最も広く普及しているコーデックの一つで、データ量が低くても高画質なのが特徴です。「Xvid・Divx」は再生時の負荷が少なく、H.264が普及する前は主流のコーデックでした。

代表的なファイル形式が対応しているコーデックの種類は以下のとおりです。「MPEG4(.mp4)」「AVI(.avi)」にはH.264・Xvid・Divx・MPEG-4が、「MOV(.mov)」にはH.264・MJEG・MPEG-4が対応しています。「FLV(.flv)」はVP6・H.263・H.264が使用できますが、バージョンにより異なるので注意が必要です。

代表的なファイル形式には「H.264」が対応していることが多いので、どのコーデックを選択するか迷う際には、「H.264」を選択すればよいでしょう。