動画ファイルの種類と特徴

動画ファイル形式はどれを選ぶのが正解なのか?

動画ファイル形式には多くの種類がありますが、動画制作時には動画ファイル形式を適切に選択することが大切です。どの動画ファイル形式を使えばよいか、動画が再生される環境や動画の使用目的に応じて、動画ファイル形式を選択しなければなりません。

適切な動画ファイル形式を選択するには、動画が再生されるプラットフォームやその環境を想定することが求められます。動画サイトに投稿するのであれば、そのサイトが推奨している動画ファイル形式を選択することが望ましいでしょう。同様に、SNSに動画をアップロードしたいのであれば、そのSNSが対応している動画ファイル形式を選びます。

自社サイトに動画を埋め込みたい場合には、どのブラウザでも再生できる動画ファイル形式を選択すべきでしょう。また、動画のファイルサイズが大きすぎるとデータ通信に時間がかかってしまうため、圧縮率の高い動画ファイル形式を選択しましょう。汎用性も圧縮率も高い動画ファイル形式としては、FLVやMPEG4がよく採用されます。

動画の編集やハードディスクなどの保存を行う場合には、自分の使っているOSに合わせた形式を選択をするのが望ましいでしょう。WindowsであればAVIを、MacであればMOVを選択すれば、どちらも低圧縮で画質を高く保てます。

動画ファイル形式選びに正解はありませんが、使用目的などから考えると、適切な形式は何なのか、自ずとわかってくるはずです。